RECIPE
サロンプロデューサーによる「オンラインサロンのレシピ」

【告知・集客編】告知からスタートまでのスケジュールを決めよう

 

 

企画編の記事では、オンラインサロンの ”土台” やコンテンツ設計について紹介しました。しかしどれだけ魅力的なオンラインサロンを作ったとしても、魅力が伝わらなければ会員さんは入ってきませんよね。

 

そこで「告知・集客編」として、どうしたら一人でも多くの人にオンラインサロンの魅力を感じてもらえるか? どうしたら実際に入会してもらえるのか?といった部分について、ポイントをお伝えしていきます!

 

今回の記事では、告知からスタートまでのスケジュールについてご紹介します。

告知からスタートまでの3Step

オンラインサロンの準備ができた後は、「告知」「募集開始」「オンラインサロンスタート」の3つのステップがあります。

 

Step1:告知
文字通り「こんなオンラインサロンを始めます!」という告知を行います。多くの場合、SNSを利用して発信することが多くなっています。

 

Step2:募集開始
実際に会員にオンラインサロンに申し込みをしてもらう段階です。

 

Step3:オンラインサロンのスタート
あなただけのオンラインサロンが始まります。

 

 

告知からスタートまで2週間は設けよう

オンラインサロンの準備ができた後は、「告知」「募集開始」「スタート」の3つのステップがあります。

 

ステップ1の告知では、文字通り「こんなオンラインサロンを始めます!」という告知を行います。多くの場合、SNSを利用して発信することが多くなっています。

 

ステップ2の募集開始は、実際に会員にオンラインサロンに申し込みをしてもらう段階です。

 

ステップ3は、いよいよオンラインサロンのスタートです!あなただけのオンラインサロンが始まります。

 

この「告知」「募集開始」「スタート」はトータルで2週間程度のスケジュールを組むことをおすすめしています。以下で、順に説明していきます。

 

告知から募集終了まで最低2週間は設けよう

Step1の告知〜Step2の募集終了まではトータルで2週間程度のスケジュールを組むことをおすすめしています。
告知期間が1週間、募集期間が1週間のイメージです。

 

募集開始までが最大の勝負!


SNSなどでオンラインサロンの告知してから実際に募集を開始するまで、1週間程度スケジュールを確保しましょう。
募集開始の時点で「早く申し込みたい!」と思わせることが一番大事で、それまで「いかに期待値を上げられるか?」が重要となります。
集客は「募集開始までで決まる」と言っても過言ではありません。

 

募集期間は1週間程度がおすすめです。
ユーザーのアプリへの登録開始と同時にオンラインサロンをスタートすることもできますが、1週間ほどの募集期間を設けることで、ある程度人数が集まった状態で会員が一斉にオンラインサロンに入ることになります。

そのため、スタート直後から比較的盛り上がりを作りやすく、スムーズに運営を始めることができます。また、初期メンバー同士での仲間意識が生まれて、会員同士の交流がしやすいのも特徴です。

 ただし、事前登録期間が長すぎると早めに登録した人がスタートまで長く待つことになり、ワクワク感や熱量が下がりかねません。そのため、登録開始からスタートまでのスケジュールは1週間程度にするのが良いでしょう。

 

 

 

まとめ

オンラインサロンの準備が整ったら、告知からスタートまで2週間は設けましょう。目安としては、告知〜募集開始で1週間、募集期間は1週間程度がおすすめです。

 

 

この記事を書いた人

高橋まい

1991年生。愛知県出身。

新卒から看護師として総合病院に勤務。

看護師時代にオンラインサロンに入り、イベントやコンテンツの企画などに携わった経験がきっかけとなり、看護師を辞め、プロデューサーとして2017年に独立。

独立後初めて立ち上げメンバーとして携わったオンラインサロンを、開始4ヶ月で会員数350名まで成長させるなど、数々のオンラインサロンの企画・運営経験をもつ。

現在は「田村淳の大人の小学校」などタレントや団体のオンラインサロンのコンテンツ企画・運営に従事している。

 

 

 

オンラインサロンのお悩みは、『FANTS』にご相談ください!

『FANTS』はこれまで、様々なオンラインサロン開設をサポートしてきました。「告知でどんな内容を伝えればいいのか分からない」「やりたいことはあるけど、うまくまとめられない」という方は、ぜひ『FANTS』にご相談ください!

 

▷お問い合わせはこちら