KNOWLEDGE
基礎知識

【サロンオーナー編】オンラインサロンのメリット・デメリットとは?

 

著名人だけでなく、スキルやアイデア次第で誰でも開設できると話題のオンラインサロン。

オンラインサロンの開設を考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、オンラインサロンのオーナーになることのメリットや、逆に注意すべきデメリットについて、まとめて解説します。

 

サロンオーナーにとってのメリット

届けたい人に、届けたい情報を発信できる

情報発信だけであれば公式サイト、ブログ、SNSなどの方法でも情報を発信していくことはできますが、あくまで不特定多数の人々に向けた発信となります。

ファン以外の方も見ていますし、いわゆる「アンチ」の存在も気になる方が多いかと思います。

 

一方オンラインサロンには、ファンサロン型であればコアなファンが集まりますし、スキルアップ型であればやる気のある人たちが集まります。

そういった人たちが自分から集まってくれるので、効率よく情報やコンテンツを届けることができるのです。

オンラインサロンに入会する会員のほとんどはポジティブな感情で入ってきた方ばかりなので、その人たちに対して情報を届けていくことができます。

 

 

安定した収益を得られる

従来のビジネスでも、グッズを販売したりイベントを開催したり、専門知識やノウハウをセミナー・教材として販売したりすることで収益を得ることはできました。

 

しかし、オンラインサロンであれば「安定した収益」に変えられるというのがポイントです。

月額会員制を基本とするオンラインサロンでは、会員の利用料金を毎月の収益とすることができます。

有益なコンテンツを発信して会員に価値を感じてもらいさえすれば、売れ行きや参加人数に一喜一憂することなく、安定した収益を得やすいのがメリットです。

 

 

 

サロンオーナーにとってのデメリット

継続的な価値提供

オンラインサロンをやる上でどうしても必要になるのが、「継続的な価値提供」です。

どのようなオンラインサロンを開設するにしても、毎月の利用料金に見合う価値を提供できなければ、会員は継続利用してくれません。

 

ネットで調べればある程度の情報が簡単に出てくる時代に、毎月お金を払っても学びたいと会員が思うようなコンテンツを提供できるか?

SNSで無料で人と繋がることができる中で、このコミュニティにはお金を払ってもいいなと思うような空間を作れるか?

そういった「価値あるコンテンツを提供できるか?」というのがポイントになります。

 

また、どれだけ価値ある情報を持っていて、有益なコンテンツを考案していても、それを継続して提供できなければ会員は離れていってしまいます。

月額会員制という特性上、毎月継続して価値あるコンテンツを届けるというのも必須になります。

 

 

オンラインサロン内でのトラブル

同じ興味や関心を持つとはいえ、オンラインサロンには様々な人が集まります。

そのため、会員同士のトラブルが起きることも考えられます。

対策として、あらかじめ利用ルールや行動ルールを定めておいたり、普段から会員同士のやり取りに気を配ってトラブルが大きくなる前に対応することが重要です。

 

また、情報漏洩などのトラブルにも注意が必要です。

サロンオーナーは会員の個人情報を取り扱うことになるので、情報の取り扱いに十分注意を払い、情報漏洩を防がなければなりません。

 

 

 

まとめ

サロンオーナーがオンラインサロンをやるメリットには、コアなファンややる気のある人が集まることで「届けたい人に、届けたい情報を発信できる」こと、月額会員制のため「安定した収益を得られる」ことが挙げられます。

デメリットとしては、会員に利用し続けてもらうために「継続的な価値提供」が必要になり、「サロン内でのトラブル」に注意しなければなりません。

 

 

 

オンラインサロンのお悩みは、『FANTS』にご相談ください!

上記メリット・デメリットをふまえて、『FANTS』ではオンラインサロンの企画・開設・運営を支援しています。

「継続的な価値提供って、実際にはどうやったらいいんだろう」「どうしたらデメリットを最小限にした運用ができるんだろう」など、オンラインサロンに関する疑問はお気軽に『FANTS』スタッフにご相談ください。

お問い合わせはこちら