KNOWLEDGE
基礎知識

オンラインサロンって実際どう? 利用メリット・デメリット・対策を紹介!

 

話題のオンラインサロンですが、入ったことがなかったり周りで利用している人がいなかったりする人も多いですよね。

 

そこで今回は、オンラインサロンを利用するメリット・デメリットはもちろん、デメリットにはどのように対応したらいいのかを、分かりやすく解説します。

 

  • オンラインサロンに入ろうか迷っている
  • 興味はあるけど、オンラインサロンって怖いんでしょ?

という方は、ぜひ読んでみてください。

 

オンラインサロンとは?

そもそも、オンラインサロンとは結局のところ何なのでしょうか?

 

一言で言うなら「オンラインに存在する、月額会員制のクローズドなコミュニティ」のことです。

 

SNS、チャットツール、専用アプリなどを使ってオンラインで情報発信をしたり、交流したりするもので、月額会費を支払った人だけが会員としてオンラインサロンを利用することができます。

 

オンラインサロンに入るメリットは?

クローズドだからこその貴重な情報が手に入る

オンラインサロンでは、クローズドな空間であるからこその情報が発信されています。

 

どんな情報があるのかはオンラインサロンのジャンルやテーマによって様々ですが、例えば、

  • 活動の最新情報を知れたり、情報が先行解禁される
  • その業界で有名な人が知識やノウハウを伝授してくれる
  • 同じ境遇の人たちと安心して悩みや不安を共有できる
  • オーナーの素顔やありのままの姿が見られる

といったものです。

 

サロンオーナーとの距離の近さ

サロンオーナーとの距離の近さも、会員にとっての魅力です。

 

ブログや公式SNSでもコメントやメッセージを送ることはできますが、そもそも不特定多数の方に向けた情報を発信しているため、必ずしもオーナーが見ているとは限りません。

 

一方、オンラインサロンではより近い距離で応援メッセージを届けることができたり、質問したりしやすい環境にあると言えます。

 

サロンオーナーから直接コメントが返ってくることもあるようです。

 

気の合うメンバーや仲間が見つかる

オンラインサロンに入会することで会社・地域・家族とは異なるコミュニティに入ることができ、人間関係が広がります。

 

特に興味・関心や価値観が似た人が見つかりやすいのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

新型コロナウイルスの流行により、対面で人との繋がりを築くのが以前よりも難しくなっている中で、オンラインに居場所を得たり仲間を見つけられれば、安心感にも繋がるでしょう。

 

オンラインサロンに入るデメリットは?

入会前に実態が掴みづらい

デメリットとして最初に挙げられるのは、「入ってみないとどんなオンラインサロンか分からない」という点です。オンラインサロンはクローズドな空間であるため、どうしても入会前に実態を掴みづらくなっています。

 

例えば、報道で見かける「悪徳サロン」についても、実態が分かっていて入会する方はまずいません。入ってみて初めて実態が分かり、トラブルに遭ってしまうケースがほとんどでしょう。

 

また悪徳サロンではなかったとしても、コンテンツのレベルが思った以上に高くて続けるのが辛い、メンバーの熱量が高すぎてついていけないといったこともあるようです。このミスマッチも、入会前に内部の様子が分かりづらいことで起こっていると言えるでしょう。

 

このデメリットには、SNSでの情報収集をすることで対応しやすくなります。

 

SNSで入会したいオンラインサロンを検索すると、オンラインサロンやコンテンツについて感想を投稿している人が見つかることもあります。(一般的にオンラインサロンの内容は外部に出してはいけないことになっていますが、「感想のシェアはOK」というサロンもあります。)

 

評価が高いもの・低いものを比較するなど、実際にそのオンラインサロンを利用しているユーザーの声を探して、できる限りの情報収集をすることが有効です。

 

その他にできることとしては、無料キャンペーンをやっているサロンは無料でお試し入会してみる、有料のサロンも入会して合わなかったら退会するなどが考えられます。

 

活用できないと勿体ない

月額会員制のオンラインサロンでは、「どれだけのコンテンツを閲覧したか」「何回ログインしたか」などは関係なく、毎月同じ金額で利用料金が発生します。

 

そのため、仕事・家事・趣味などで忙しい月は「あまり見に来れなくて勿体なかったな・・・」ということもあるかもしれません。

 

こちらの対策としては、「休会」の仕組みを活用することができます。

 

基本的に、オンラインサロンは「退会」してしまうとアカウントの情報が削除され、継続利用ができなくなります。しかし、「休会」の場合は、一時的に利用を休止し、その期間の利用料金が発生しない状態にして、都合の良いタイミングでオンラインサロンに戻ってくることができるのです。

 

ただし、休会の可否や仕組みはオンラインサロンによって異なります。入会する前に、必ずチェックしておきましょう。

 

まとめ

オンラインサロンに入会することで、会員は、「クローズドだからこその情報」を得られたり、「サロンオーナーとの距離の近さ」を感じられたり、「気の合うメンバーや仲間が見つかる」というメリットを享受することができます。

一方、デメリットとして「入会前に実態が掴みづらい」「活用できないと勿体ない」という点が挙げられますが、これらは事前に情報収集することでリスクを減らしたり、休会の仕組みを利用することで回避できることもあります。

 

オンラインサロンのお悩みは、『FANTS』にご相談ください!

『FANTS』では、上記のような会員側のメリット・デメリットを考慮した上で、オンラインサロンのコンセプト設定・コンテンツ設計もサポートしております。

 

様々なオンラインサロンの開設実績をもとに、各サロンオーナー様に最適なご提案をいたします。

 

オンラインサロンの内容でお悩みの方は、ぜひ『FANTS』にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら