オンラインスクールをSNSライクな親しみやすいUIでコミュニティを活発に【経理スクールCuel】

女性のためにオンライン経理スクール『Cuel』。今回は『Cuel』についてFANTSで開設した背景や実際にご利用いただき良かった点やなどについて、鈴木ひとみさんにお聞きしました。(聞き手:FANTS編集部内ヶ島)

女性のための経理スクール「Cuel」とは

「Cuel」は、女性のためのオンライン経理スクールで、特にライフステージに合わせた柔軟な学習環境を提供しています。初めて経理を学ぶ方から、既にキャリアを持っている方まで幅広いレベルに対応したプログラムを用意しており、基礎的な経理知識から財務分析、税務、経営スキルまで学ぶことができます。

 

オンライン形式での学習を採用しており、時間や場所に縛られずに自分のペースで学べるのが特徴です。録画された講義を繰り返し視聴できるほか、オンラインフォーラムやグループワークを通じて全国の受講生と交流することも可能です。

 

さらに、専任のキャリアカウンセラーが個別のサポートを提供し、実務経験豊富な講師陣からの実践的なアドバイスも受けられます。

 

「Cuel」は、女性がキャリアを築くための強力なサポートを提供し、多くの受講生から好評を得ています。今後もプログラムの充実や国際的な視野を持った人材育成に力を入れていく予定です。

 

▼目次▼

  1. 自己紹介
  2. オンラインコミュニティを始めようと思ったきっかけは?
  3. FANTSでのオンラインコミュニティ開設のきっかけは?
  4. FANTSでオンラインコミュニティを開設して良かったことは?
  5. FANTSでオンラインコミュニティ開設をおすすめしたいひとは?
  6. オンラインコミュニティの悩みはFANTSにご相談ください

 

[ 1 ]自己紹介

 

鈴木ひとみさんのご経歴

 

Cuel inc. CEO

 

自身もCuelの7期生であり法人経理未経験からたった2年でCFOに就任。

 

女性が経理や財務の分野で活躍できるよう支援することを目的に「Cuel」を設立しました。

 

キャリアを築く中で女性特有の課題に直面した経験から柔軟な学習環境や個別サポートを提供することで、多くの女性が自分のペースで学び、キャリアアップできるよう取り組んでいます。

[ 2 ]オンラインコミュニティを始めようとおもったきっかけは?

 

動画をみて学ぶだけでなく学びたい人同士交流できること

 

内ヶ島:

本日は、オンラインコミュニティの運営について、鈴木さんにお話を伺います。鈴木さん、まずはオンラインコミュニティをスタートした理由からお聞かせください。

 

鈴木ひとみ:

コミュニティをスタートした理由は、動画コンテンツが世の中にたくさんある中で、単に動画をみて学ぶことだけでは十分でないと思っているからです。

 

Cuel.では基本的な講座の動画はもちろん発信していますが、会員同士で交流ができるように運営をしています。

 

なぜかというと、学習を進めるには他の人がどうやって勉強しているのかを知ることが大切だと思っています。なので会員同士が一緒に学んでいるという感覚を持つことが大切だと思ったこともオンラインコミュニティをスタートした理由の一つです。

 

内ヶ島:

なるほどです。鈴木さんご自身が「学び合うこと」の重要性に気づかれたきっかけは何ですか?

 

鈴木ひとみ:

実は私自身も7期生としてCuelで経理を学んでいました。実際に経理のことを学んでいるときに、同じような目的をもった人同士での交流が良い刺激となり理解が深まるという経験をしました。

 

同じように学んでいる人たちと交流することで、お互いに刺激を受ける機会が必然的に多くなります。だからこそ、一人で黙々と学習をするよりも効果的に学ぶことができると思っています。

slackだと学びの場としては硬い印象

 

内ヶ島:

当初、オンラインコミュニティの運営にはどのようなツールを使用していましたか?

 

鈴木ひとみ:

もともとはSlackを使っていました。ですが、Slackはどうしても仕事っぽさがあり学びの場としては少し硬い印象がありました。

 

実際にSlackで運営をしていたのですが、会員からの投稿があまり生まれなく交流も活発にはなりませんでした。特に、カジュアルな交流や質問がしにくいと感じていました。

 

slack自体は仕事のコミュニケーションツールとしては優れていると思うのですが、学習のためのコミュニティツールとしてはもう少し柔軟で親しみやすいものが必要だと感じました。

[ 3 ]FANTSでのオンラインコミュニティ開設のきっかけは?

 

SNSライクで気軽に使えるUI

 

内ヶ島:

そこで新たに導入したのがFANTSというわけですね。FANTS導入の背景について詳しく教えていただけますか?

 

鈴木ひとみ:

はい、FANTSを導入した理由は、よりカジュアルに交流できる場を作りたかったからです。FANTSのUIは、気軽にSNSに投稿する感覚で使えるため、メンバーが気軽に投稿できるようになりました。

 

また、カテゴリー分け機能も充実しており、初心者向けのグループを作ることができました。このことで初めての方でも気兼ねなく投稿できる環境が整いました。

 

初心者専用のグループを作ったことで、新しく参加した人たちが遠慮せずに質問できる環境が整ったことも大きなポイントです。

 

内ヶ島:

コミュニティとしての価値が重要だと思っているからこそ、気軽に投稿できたりカジュアルな雰囲気だったりを重要視されていらっしゃったのですね。

入会から初動の2週間でコミュニティに馴染めるかどうか

 

鈴木ひとみ:

やっぱり、入会してからの最初の2週間って超大事だと思っています。

 

その期間に、会員がどれだけコミュニティに馴染めるかがとても大事だと思っています。なので新規入会者とは必ず1on1をするようにしています。

 

そうすることで、会員がコミュニティの使い方を理解し、活発にコミュニティに参加してくれるようになります。

 

全員と1on1をするとなると管理の面で工数がかかります。だからこそ管理画面の使い勝手はかなり重要視していました。

 

会員管理画面でどんな情報を見ることができるのかという点でFANTSを選びました。

[ 4 ]FANTSでオンラインコミュニティを開設して良かったことは?

 

会員からの質問が増加

内ヶ島:
FANTSを導入してみて良かったことを具体的に教えてください。

 

鈴木ひとみ:
先ほども少し触れましたが、まずSNSライクなUIのおかげで、会員が積極的に投稿するようになりました。これまでは情報を発信する側と受け取る側の関係が強かったのですが、FANTSでは双方向のコミュニケーションが増えました。

 

また、カテゴリー分けがしっかりしていることで、同じ興味やレベルの人たちが集まりやすくなり、特に初心者が安心して質問できる環境が整ったことも大きな成果です。

 

具体的には、初めて経理を学ぶ人たちや新規の入会者が集まる場をつくったことで、気軽に質問ができるようになり、ベテランメンバーからのアドバイスも得やすくなりました。

 

会員の状況も細かく分かるように

 

内ヶ島:
最初の2週間で会員にいかにコミュニティに溶け込んでもらえるかどうかという点ではいかがでしたか?

 

鈴木ひとみ:
FANTSでは管理画面で知りたい情報をすぐに見ることができます。なので今まで以上に会員の状況を把握することがしやすくなりました。

 

例えば、誰がどの程度アクティブに参加しているのか、どんな質問が多いのかなど、具体的なデータがすぐに確認できるので、適切なフォローアップが可能になりました。

[ 5 ]Cuel.の今後の展望は?

 

運営が介さないところで交流が生まれること

 

内ヶ島:
今後の展望についてお聞かせいただけますか?

 

鈴木ひとみ:
運営側があまり介入しなくても自然と交流が生まれるような状態を目指しています。

 

そのためにはコミュニティの中で自然とリーダーシップを発揮する会員が現れるような環境を作ることが大切だと考えています。運営側が主導するのではなく、メンバー同士が自主的に関わり合い学び合うことが理想です。

 

具体的には、ある程度の自主性を持った会員が他の会員をサポートしたり、学び合いの場を提供したりするような、自発的なコミュニティの形成を目指しています。

 

こうした動きが自然に生まれることで、コミュニティ全体の活力が高まり、より多くの会員が積極的に参加するようになると考えています。

 

内ヶ島:
素晴らしい目標ですね。最後に、今後Cuel.が目指す具体的な目標や展望について教えてください。

 

鈴木ひとみ:
はい、まずは現在のプログラムをさらに充実させ、より多くの女性が経理や財務の分野でキャリアを築けるようサポートしていきたいと思っています。

 

さらに、オンライン学習の利便性を活かして、より多くの地域の女性が参加できるようにしたいと思っています。

[ 6 ]FANTSでのオンラインコミュニティ開設をおすすめしたいひとは?

 

会員同士の横の繋がりを大切にしたいひと

 

内ヶ島:

最後に、FANTSでのオンラインコミュニティ開設をおすすめした方について伺いたいです。

 

鈴木ひとみ:

会員が横のつながりを持ち、主体的に学べる環境を作りたい方にはFANTSがとてもおすすめです。

 

会員同士の関係性が学びの継続に不可欠です。そしてFANTSにはそのような横のつながりを育むための機能が充実しています。

 

例えばカテゴリーを分けられることやSNSを使うように気軽に投稿ができるようになっていることなどですね。

 

内ヶ島:

会員同士の交流は我々も力を入れているので、とても嬉しいお言葉をありがとうございます。

 

鈴木ひとみ:

こちらこそ、ありがとうございます。Cuel.も今後ますますの発展を目指していますので、ぜひよろしくお願いいたします。

 

内ヶ島:

はい。今後もCuel.様とより良いサービスを提供していけるようにお手伝いさせていただきます。引き続きよろしくお願いいたします。

 

[ 7 ]オンラインコミュニティのお悩みは、『FANTS』にご相談ください

 

・オンラインサロンをやりたいけど、何からやったらいいか分からない

・限られた人員で企画・運営をするのが難しい

などのお悩みは、ぜひ『FANTS』にご相談ください!

 

▷お問い合わせはこちらから。

FANTSに関する
お問い合わせ・お申し込みは
お気軽にご相談ください!

  • 資料ダウンロード

    FANTSの事がもっと分かる資料を
    無料でダウンロードできます

  • お問い合わせ

    サービスについての
    より詳しい情報やご質問など
    お気軽にお問い合わせください